IAPMA コングレス

IAPMA コングレスは、紙と紙アートに関する講義や、デモンストレーション、展覧会などを通して、IAPMAのメンバーが紙に関する知識を共有する国際的な紙の会議です。このコングレスは世界中で隔年開催されています。2021年のコングレスは、豊田市の参合館を中心に行われます。

※ 新型コロナウイルスの影響に伴い、IAPMAコングレス2020の開催は2021年に延期されました。
※ 開催の内容は変更になる場合があります。 

プレゼンテーション・パネルディスカッション・デモンストレーション

世界中で活躍する紙に関わる機関や、制作者、アーティストの皆さんが、「アプローチ 」をテーマに、プレゼンテーションや、デモンストレーションを行います。

場所 豊田参合館能楽堂(豊田参合館8階)
会期 2021年10月7日(木)8日(金)
*11日(月・祝)のコングレスは小原地区に移動し、
主にIAPMAメンバーのみの参加となります。
その他 入場無料
関連リンク

IAPMAコングレス in ブルガリア 2018

ペーパー夜市


IAPMAコングレス参加メンバーの方々が制作したオリジナリティー溢れる紙や作品を、制作者が販売します。市販では手に入らない貴重な紙に出会えます。

場所 とよしば
会期 2021年10月10日(日)午後6時〜 (予定)
関連リンク

IAPMAペーパーアート展 “APPROACH”


豊田市民芸館、喜楽亭、豊田市民ギャラリーにてIAPMAが選抜した世界中のペーパーアーティスト達の作品が一同に展示されます。

場所 豊田市民芸館
会期 2021年9月7日(火) – 10月17日(日)
時間 午前9時〜午後5時
その他 入場無料

 

場所 喜楽亭
会期 2021年9月7日(火) – 10月17日(日)
時間 午前9時〜午後5時
その他 入場無料

 

場所 豊田市民ギャラリー
会期 2021年9月7日(火) – 10月17日(日)
時間 午前9時~午後5時
その他 入場無料

 

IAPMAについて

“IAPMA” International Association of Hand Papermakers and Paper Artists
(ハンドペーパーメーカーとペーパーアーティストによる国際組織)は、紙のアーティストのための世界的な組織です。1986年ドイツのデューレンで設立されました。紙の歴史と生産だけでなく、芸術としての紙、現代アートの素材としての紙を世界に発信していくことが最も大切な使命です。この組織の主な目標は、世界中のアーティストが互いにアイディアの交換を行い、手すき紙とペーパーアートに関する情報を共有することです。IAPMAは、芸術に関するプロジェクトや展示会において会員同士が協調、協力する機会を提供し、技術的な課題の解決法を共有し、紙に関する様々な文化的背景を探究し、ペーパーアートへの新しいアプローチを推奨することを目的としています。

関連リンク:
IAPMA公式ウェブサイト(英語表記のみ)
https://www.iapma.info/